BOTANICAL ART

 

ボタニカルアートとは。

植物学的な「botanical」と芸術の「art」が合わさった言葉。植物学的に正確に描かれた「種」を同定出来る絵のことです。

ボタニカルアートが盛んになったのは15,16世紀の大航海時代。未知なる土地のエキゾチックな植物が、続々とヨーロッパに もたらされました。しかし、生きたまま持ち帰られる植物は限られており、多くは押し葉や押し花にして保存されました。

写真の無い時代、植物を正確に記録する為に航海には植物学者と植物画家も同行するようになりました。持ち帰られた絵は美しいと、大商人や貴族の間で評判になりました。

その後の歴史を経て、現在では写真で簡単に記録が残せるようになりましたが、ボタニカルアートの魅力は再評価されています。

植物を丁寧に見つめ、理解して描く。​その過程を通して、植物の美しさ、素晴らしさを改めて感じることでしょう。ボタニカルアートを描く楽しさを、多くの方に知っていただきたいと思います。

 

  • Facebook
  • Instagram